スポンサーリンク

痛みに苦しむあなたへ

自分にやさしく

心のコンサルタント、優です。


昨日書いたカラダとココロの痛みの記事ね、
実は自分に向けて書きました。


今、生まれて初めてのことが私に二つも起きていて、
カラダもココロも激痛なんです。


ひとつは、帯状疱疹が出来たこと、
そしてもうひとつは詐欺にあったことです。


今までも怪しい電話は受けたことあったし、
人から見たら私は詐欺被害に合うようなタイプじゃないと思う。

でも今回のはとても悪質で、英語を第二言語とする若者を狙った
政府・警察関係を名乗る詐欺でした。
私は申請中のビザがあるから余計に脅威を感じてしまい、
今振り返ればちゃんちゃらおかしい手続きをしてしまったんです。
被害は60万弱、おそらく戻ってこないと思います。

パートナーは怒るどころか本当に支えてくれていて、
手続きやレポートを手伝ってくれています。
私たちはどちらもお金に対する何かしらの(心の)抵抗があって、
時折ぶつかってます。そんな中、私が詐欺に。

あまりにショック過ぎて、数時間ほど自分の心が全く感じられませんでした。
これに関しては、我ながら怖くなりました。
心理学をかじっているからこそ、
この「Disconnected=つながっていない」という状態は
本当におそろしいことだったんです。

人に言うのは恥ずかしいけど、自分の恥なんてどうでもよくて、
とにかく彼に対する申し訳なさで心が押しつぶされそうでした。

生活が出来なくなるわけじゃない・・・
けれど、彼に与えるダメージを考えたら自分のした事が許せなくて、
憤りを感じて、不甲斐なさを呪って、悲しくて、申し訳なくて、心が壊れそう。

私は知らなかったのですが、この手口は結構頻発しているらしく、
彼はたくさんのアーティカルを読んでいたみたい。
涙がとまらない私に、詐欺被害にあった人の心の傷・トラウマの深刻さを教えてくれました。
「自分を責めないで、何年後かにはきっと笑いながら話せるよ」とお金より私の心を心配してくれました。




というわけで、私は今、髪が触れるだけで痛い首の帯状疱疹と、
フラッシュバックする詐欺師の言葉や起こった被害の事実によって、
カラダとココロの両方がとても痛いです。


人生、耐え難いくらいの苦しみや嫌なことがいくつか同時に起こることってあるんですよね。



なんで私なんだろう
なんで今なんだろう
なんでこうなっちゃったんだろう
なんであんなことしちゃったんだろう



後悔ややるせない思いが消えることはありません。
でもね、それでも、今できることをします。
今できることに目を向けます。



警察に届け出るレポートを書いている時、
隣でイライラしている彼を見ていたたまれなくなり、
寝室に行って枕に突っ伏して叫びました。
ベッドを殴って、枕を振り回して、歯を食いしばって唸りました。

彼のアドバイスで親友に電話しました。
デート中だったけど、素っ裸のままトイレからヒソヒソ声で私を落ち着かせてくれました。

ひとしきり私を励ましてくれた彼が眠りについたあと、
どうしても嫌なイメージが頭から離れないから、
自分の好きな”にちやんねる”のまとめサイトを無心で読みました。

そして今、眠れないのでこの記事を書いています。

こんなに辛い時に「今できること」だなんて、殺生に聞こえますよね。
でも、後悔するより憂うより、「今」を生きることがあなたを救います。
どうか、もう自分を責めることはやめて、誰かを責めるのもやめて、
今自分にできることをしてみてください。

思い切り泣くなら、後悔しながら泣かずに、思い切り泣くと決めてトコトン泣いて。
思考から抜けられなかったら、体を動かそう。足踏みだっていい。
さみしくてどうにかなりそうなら、WebやYouTubeで「さみしい」と検索してみよう。
家中を歩き回って、目につくものを片っ端から触ってみるのもいい。歯磨きしてもいい。

今の自分とつながると、一瞬あなたは全てのものから自由になります。
こう言われてもピンと来ないかもしれないけれど、
わからなくても大丈夫。私にはその気持ちがわかる。
それに、あなたにはあなたがいるし、あなたの人生には必ず誰かがいます。


どうか、痛みを全力で抱きしめながら、今ここにあるものに目を向けてください。


あなたは大丈夫。私が保証します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました