武士に二言はないから

根本さんのお弟子制度

今日の根本さんの記事を読んで、驚愕した。


平等に接しているのに好意をもたれたり、嫉妬されたりする心理~セクシャリティが豊かであることをもっと受け入れるべし~ | 心理カウンセラー根本裕幸
* 平等に人を扱うのって理想なんだけど、現実的には無理な話で、そうしようと思えば思うほどストレスしかかからない上に、誤解を与えてウザいことが起こります。 理想主義や完璧主義を捨てて自分の気分の良さを優先して行動することで




語弊があるかもしれないけど、読者歴10年近い私にとっては
決して真新しい情報ではないのに、今日のはド直球に刺さった。


きっと私自身が進化しているから、受け取(れ)る言葉やその伝わり方が違うのだろう。
なんだか地味に嬉しいというか、心が生あたたかいというか。



トレーニング帰りに読んでいた私は、バス停でこの記事の佳境に差し掛かった。





その後半の部分がこれ。(以下本文から抜粋)

「そうか、あたしはセクシャリティが豊かで、魅力的なんだなあ。ぐふふふ」と思っておけばいいです。
そうして、自分自身の魅力を受け入れて輝くことがリーダーシップになりますし、自分らしく生きる秘訣です。

(中略) 

特に「自分らしさ」を大事にしなきゃいけないんです。
人に合わせたらあかんし、我慢してもあかんし、周りの目を気にするのもあきません。

(中略) 

今まで頑張りすぎたんですよ。

なので、「あたしはあたしでいいんだもーん!!」と1日3万回くらい口ずさんだ方がいいです。同時に「あたしは魅力的だからしゃあないんだもーん!!」とぶりっ子しといた方がいいです。

そうすると一気に人間関係が楽になると思います。

とりあえず、今、無理して付き合っている相手は問答無用に切っちゃいましょう!
完璧主義で理想主義な方に、人間関係の断捨離は必須アイテムですから。
これができるようになると「No!!」を言えるようになるので、ストーカーになる前にそういう人から距離を空けることができます。

ちなみに完璧主義で理想主義になりやすい人は本来「自由人(わがまま)」「テキトー人間」「いい加減な奴」「頑張るのは嫌い」「愛嬌がある」「ぶっ飛んでる」「無邪気」「気分屋」「怠け者」「直感が鋭い」「センスがいい」という才能を持ってることが多いです。

そういう自分じゃ生きられなかったから完璧になろうとし、理想を追い求めるようになっちゃったんです。

だから、その鎧を脱ぎ捨てたら一気に楽になって、勝手にますますキラキラしちゃうと思います。




5万回読むと迂闊に宣言してしまったクソ真面目な私は、後半部分を音読してみた。

そしたら

>「自由人(わがまま)」「テキトー人間」「いい加減な奴」「頑張るのは嫌い」「愛嬌がある」「ぶっ飛んでる」「無邪気」「気分屋」「怠け者」「直感が鋭い」「センスがいい」という才能を持ってる

この部分を読んでいる時に、両耳がじーんと熱くなってきた。
これ、本当の私(魂)が反応している時に表れる反応。



あぁ、私、ほんとうは知ってるんだな。
全部わかってるんだなって。




いい加減や怠け者って、大抵は悪い意味で使われる。
頑張るのは嫌いって、胸張って言えるだろうか?
気分屋とかぶっ飛んでるって、空気読めない感丸出しだよね?笑


でもね、そうやって振舞ってる自分を想像したら
なんかわくわくするんだよね。



「楽だろうなぁ…!」

これって、いかに自分が(これだけ癒されても未だに)歯を食いしばって生きてることの裏返しなんじゃないかなって。


それが良いとか悪いとかの話でなくて、私は「自分が在りたい姿」を知っているってこと。

そして、それを「才能だ」と断言してもらえる心強さ。



今すぐできるものじゃないかもしれない。勇気も要る。
色んな形で批判だってされるかもしれない。
今までいた人が離れていくかもしれない。



それでもね、もっともっと気持ちよくなりたいの。

ただそれだけなの。





うん、そう。気持ちよくなる。

ふわふわくるくる回りながら、スキップステップ踏んで
好きなように振舞う自分。


そしてスイッチが入ると、Bossyなビジネスウーマンになる私。


多重人格って言われるくらいのギャップ。


そして周りを渦の中に巻き込むようなエネルギー。

















おおおおおおおおおおおおおおおおおお


(なんだかんだ言うて怖れもすごいんです。笑)








コメント

タイトルとURLをコピーしました